ミクシィで会ってはみたものの

ミクシィで会ってはみたものの、その後は少し悲しい思い出に。

ミクシィははじめは恋愛のことは考えず友達を作りたいと思っていました。
毎日日記を書いてマイミクと軽い話をしていました。

 

でもマイミクの人とはリアルであったことはなく、ただネット上だけの付き合いしかありませんでした。
ひとりのマイミクの女性はいつも僕が日記を書くたびにコメントをくれました。

 

彼女は僕と同じ趣味を持っていて、その趣味は映画でした。
ある日彼女が一緒に映画を見るひとがいないと日記に書いていたので、良かったら一緒にどうですか?と誘ってみました。

 

そして彼女からオッケーの返事をもらいました。
僕は見た目に自信がなく、正直会うのが怖くて仕方ありませんでした。

 

僕は今まで全く女性と付き合ったことがなく、会えば嫌われるんじゃないかと思っていました。
待ち合わせは駅でしました。

 

彼女は想像していたより優しい雰囲気の可愛らしい女性でした。
最初は2人とも黙っていました。

 

僕は会話が下手で、話題もないので彼女は明らかに困っているようでした。
気まずい時間が流れました。

 

僕はいったいどうすればよいか考えてマクドナルドでランチを食べようと言いました。
彼女は頷きました。

 

2人でマクドナルドで黙ってハンバーガーを食べました。
彼女はもうすでに帰りたそうな雰囲気でした。

 

食べ終わるころ彼女がメールを見て、ごめん仕事で急に会社から呼び出しを受けていると言いました。
それが口実なのは明らかに見えました。

 

でも僕は黙ってました。
映画一緒に見れなくてごめんねと彼女は言いました。

 

僕はでも逆に安心しました。
これ以上一緒にいても気まずいだけですからね。

 

次の日に彼女はマイミクを外していました。
少し悲しい思い出です。